小泉なつみのホームページ

自立した瞬間

お仕事

2013年、いろいろとあって会社を辞めた。   次の就職先も決まっていなかったけど、若かったし、「なんとかなるっしょ」と楽観的に考えていた。しかし、現実には箸にも棒にもかからなかった。   そんな折、とある番組でお世話になったテレビプロデューサーから、番組終了の打ち上げパーティに呼んでもらうことがあ … more

どこにいったの、11月よ……。お仕事いろいろさせていただきました! ●文春オンライン&文藝春秋Digital ・『これからの男の子たちへ「男らしさ」から自由になるためのレッスン』の著者で弁護士の太田啓子さんに取材させていただきました。 ・『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』 … more

コスメ媒体のVOCEさんで、尼神インターの誠子さん特集を担当しました。 編集者さんの熱意と天才的なマッチング力が冴え渡り、編集ってこういうことだよな〜と、尊敬やまずのお仕事でした。 VERY12月号(もう?)では、大腸がん治療中のBL漫画家ひるなまさんの企画に参加させていただきました。 ひるなまさん … more

少し前になりますが、10/1の朝日新聞朝刊(東京版)でコメントをさせていただきました。 テーマはずばり「釣りバカ日誌」。 少し前、松竹さんのサイトで平成を描き続けてきたシリーズ全22作のコラムをせっせと書いていたことから、取材を受けることになりました。 私が一番好きなシリーズ「5」のスーさんのクソセ … more

37歳の誕生日でした。ヤマト運輸が届けてくれたのは、数日前に頼んでいた12ロールで36ロール分のトイレットペーパーでした。 そんな今日、私は矯正歯科に行ってきたのです! ずっと、上下の歯が噛み合っていない「開咬」が気になっていたのですが、妊娠出産がん治療と怒涛の3年間だったので開きっぱなしにさせてお … more

なんとか生きてます。 仕事がとても立て込んでいて記憶があいまいな最近。体調もあまり優れない日が続き(今は復活してます!)、この時期に申し訳ないと思いながら2回も救急に駆け込んでしまいました。肺のレントゲンに問題がなかったのでPCR検査はせず、がんの方も問題なさそうとのことでしたが、じゃあ一体どこから … more

少し前の話。 家の近所を散歩していたとき、前から5、60代の女性が歩いてきました。 その人の顔を一瞬見た途端、心がざわつきはじめ、鼓動が早くなりました。そしてなんとく不快で、恐怖すら感じました。 一体これは……? おばさんが不潔とか臭いとか、そんなことはまったくないのです。しかも一瞬すれ違っただけで … more

更新が滞っていて、ずっと『水曜日のダウンタウン』に怒っているみたいになっていました。今となっては憤っていた日すら懐かしいです(詳細は前回の投稿をどうぞ)。 コロナ危機で我が家も疲弊しています。主に、在宅2オペ育児について。 「2人いるなら交代できるじゃん?」って思いますよね。「30分交代でみれば仕事 … more

先日、肩甲骨が凝って仕方なかったので、久しぶりにマッサージ屋さんへ。ひとりでやっている、街のマッサージ屋さんだったんですけど、非常に上手な方だったんです。 「この人、私の身体と対話してはる!」って感じで、その場でオリジナルの手わざを繰り出してくれているのがわかってえらく感動。そして念願だった肩甲骨の … more

夫婦で朝ドラの「スカーレット」にどハマリ中です。 共働きフリーランス夫婦としては、陶芸家同士の彼ら(戸田恵梨香らが演じる川原夫妻)に共感ビンビンで。 かつ、作家と呼ばれる人たちの持つ狂気もきちんと掬い取っていて、そんな熱が私の穴窯に飛び火。結果、文春オンラインで書かせてもらいました(タイトルに東出・ … more

小泉なつみって?

1983年生まれの編集者・ライター。TV制作会社を経て出版社に勤務。その後フリーランスとなり、書籍やフリーペーパー、映画パンフレット、広告、Web記事などの企画・編集・執筆をしています。ネタを問わず、小学生でも読める文章を心がけています。

仕事一覧

お仕事のご依頼

リンク